社労士オフィスONE 求人(採用)ページ

 まずは『給与計算マスター』を目指します!

未経験の方も経験者の方もまずは『給与計算マスター』を目指していただきます。
給与計算マスターとは、「小規模の会社から大規模の会社まで、どんな給与計算でもできる」方を指します。
この給与計算ができるようになると、一人でお客様と対応したり案件を進めることができるので、仕事の楽しさや面白さ、

給料の仕組みがわかるようになります。

給与計算ができるようになったら、助成金に挑戦!

企業労務の基本である給与計算ができるようになれば、次は少し応用が必要な『助成金マスター』を目指していただきます。
助成金マスターは、「業界・テーマを問わず、その時期に出ている企業を対象にしている国の助成金を企業に提案し、

中小企業の発展に寄与することができる方」を指します。

この助成金業務ができるようになると、お客様である企業様の課題に応じて、課題解決策を提案できるようになるため、

仕事のスキルが飛躍的に向上するようになります。
また、お客様から

「こんな助成金があったんだ!知らなかった。。」

「お蔭様で本当に助かりました。ありがとうございます。」

と言っていただけるような仕事ができるため、非常にやりがいを感じることができます。

労働紛争・マネジメントをマスターして、
一人前の社会保険労務士へ!

給与計算や助成金業務ができるようになれば、いよいよ労働紛争などの問題を解決する

『労働紛争・マネジメントマスター』を目指していただきます。


労働紛争・マネジメントマスターとは、顧問先である企業様の労働問題や紛争の解決策、

労働環境改善策を自ら考えて提案し、実行していくプロフェッショナルです。

 

このレベルになれば、自分の顧問先も持てるようになり、よりレベルの高い仕事をしたいと思えるようになります。

ご自身の望むキャリアを目指して、一緒に目標を達成していければと思っています。

 

キャリアアップ制度などの詳細に関しては、一度ご応募いただいた上で、ご相談ください。

あなたのご応募を心よりお待ちしております。