捉え方による成果の違い

おはようございます!!

社労士オフィスONEの沢田でございます。

平昌オリンピックもメダル獲得数が

海外開催では過去最多と、素晴らしい

成果と日本に喜びをもたらしていますね(^^)

私もリアルタイムではあまり観れて

いないですが、カーリングが一番氣になります。

さて、その中で

羽生結弦選手が金メダルを獲得したあとの

会見でこの様な主旨の発言をされていました。

「今回のケガがなければ金メダルは

獲れていなかったと思います」

この発言を聴いて私は

やはり超一流のアスリートは違うなという

感想でした。

恐らく多くの方は

「ケガをしたからメダルを獲れなかった」

と言う思考と結果に行きつく

と思います。

羽生選手の場合は、決して結果論ではなく

もし金メダルを獲れなくても、

「このケガがなければ・・・」などの

言い訳は一切しなかったはずです。

それくらいの精神状態と準備をしてくることが、

今回の結果につながったのかなと勝手に思っています。

ケガをして一瞬落ち込んで

でもケガした自分を受け止めて

自分でオリンピックまでにできる事を考えて

できる事に向けてできる限りの行動(準備)をした。

その結果だと言えます。

これは仕事でも同じですよね。

失敗したら、その失敗を自分ごととして受け止めて

次はもっと良くするために自分に何ができるかを考え

自分のできる事に向けて、目一杯行動する

この流れを作り出せる人が私の回りでは、

仕事で成果を出している人たちだなと感じます。

何か失敗や嫌だと感じることがあっても

そのことにずっとハマってしまうのではなく

受け止めて、今の行動を変えて未来を明るい

ものに変えていきましょう!!

過去と他人は変えられない

未来と自分は変えられる

ということで、本日もやりきりましょう♪


最近の投稿
カテゴリー別
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic