通勤で見るもの

おはようございます。

札幌の社労士オフィスONE

スタッフの松田です。

私は通勤時、

いつも地下を歩いているのですが、

札幌大通地下ギャラリー500m美術館の作品を

楽しみにしています。

札幌大通地下ギャラリー500m美術館

定期的に作品が変わるので、

毎日往復歩いても、

飽きずに楽しく通勤できています。

今回の作品テーマは、

最初にロゴス(言葉)ありき

~以下抜粋~

言葉にフォーカスを当てた展覧会となります。

毎日通勤・通学で通行する多くの皆様に、今日も1日元気でいてほしい、

楽しい気持ちで、1日を過ごしてほしいという思いを込めて企画いたしました。

今回は、言葉がたくさんあり、

前向きな言葉や、後ろ向きな言葉もあります。

いろいろな感情が入り混じりながら、眺めています。

土偶の説明

土偶の画

言葉、文字だけではなく

絵や濁点などをつるしていたり

表現に工夫がなされていて、

関心いたします。

地下歩道を、

美術館にするという発想も

素晴らしいと感じます。


最近の投稿
カテゴリー別
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic