想定内???

おはようございます!

札幌の社労士オフィスONE

沢田です(^^)

最近はやはり出てきたかというくらい

無期転換雇用前の雇い止めをめぐる

訴訟問題が後を絶たないですね。

<無期転換とは>

契約社員を5年継続して雇ったら

本人が望めば無期雇用に転換できる

というものです。

これを逆手に取った企業が

5年を満たすギリギリ前に契約終了とする

契約を行っています。

この場合、契約社員の割合が高い

大企業が一番起きそうな問題ですね

しかし、大企業も良い人材のみ

無期転換を認めるわけにはいかないので

機械的に5年を前に終了する

という形をとります。

そうすると納得いかない

方々が「雇い止めは不当だ!」と争いを起こす。

わかりきっていたはずですが

起きていますね。

この辺は少し不思議です

もっと前に3年程度での雇い止めに切り替えるなどの

対応ができたと思います。

けどやらずに問題発生していますね。

これが想定内であれば

やはり私は大企業思考ではないですね(^_^;

とふと思った朝でした!

本日もやりきります!!


最近の投稿
カテゴリー別
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic