経営判断のバランス

おはようございます!

札幌の社労士オフィスONE

沢田です(^^)

本日は「経営のバランス」ということで

先日ある介護事業所様に訪問しました。

目的は処遇改善加算の取得に向けてです。

その経営者様はとても熱い方で従業員想いでも

ある素敵な方でした(^^)

しかし、処遇改善の話しになるとなんとなく

表情が冴えなかったので伺ってみると

「市の人に処遇改善は取ってくださいよ。

 と言われたりするので、取ろうと思うが

 利用者さんの中には、生活保護を受けずに

 生活保護以下の生活を送っている方もいる。

 その方々から小額とは言えこれ以上の値上げを

 するのは気が進まない」

と言うような返答でした。

なので私は即座に

「利用者さんの事を第一に考える姿勢素晴しいです。

 処遇改善加算は必須で取る必要はないので

 取らなくても全く問題無いですよ(^^)」

と伝えた上でさらに

「ただ、それだと従業員さんはどうなるでしょうか?

 処遇改善加算を取得して従業員さんの給料を上げる。

 結果的にやりがいが出て、利用者へのさらなる質の

 向上にはつながればお互いハッピーじゃないですか?」

という主旨をお伝えさせて頂きました。

そうしましたら

「そうですよね。よし!やります!!」

と氣持ちよくいっていただきました。

有難いです(^^)

こういう経営者さんの心意気は凄く好きなので

ついつい応援したくなります。

ただし、一方だけを見るのではなく

お客様

従業員

社会的

この関わる3者にとって何が一番よいのか?

という判断基軸でみていただくのが

よいのではないかな。と思います。

これが「三方善」です。

よし!本日も20時まで研修ですが

やりきります!!


最近の投稿
カテゴリー別
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic