生養病死

おはようございます。

札幌の社労士オフィスONE

沢田です。

昨日伺ったお坊さんのお話が

個人的に心に響いたので上げます。

※記億の範疇で書きますので

 多少の解釈違いはお許しください(^_^;

「生養病死」について

2500年前にお釈迦様が伝えた 人が生きる上で逃れられない4つの苦しみ

「生」 人は生まれる国や場所、親、兄弟、体を選べないという苦しみ

「養」 人は成長していくが元には戻れない 時には逆らえない。あのときには戻れないという苦しみ

「病」 生きていれば必ず病にかかるという苦しみ

「死」 生きていればいつかは必ず死に巡り合う

この4つの苦しみは絶対的にそんざいする。

だからこそ人は生きる上でこれらのことを受け止め

生きるための知恵をつかっていく。

物事には常に両極端な考えがある

同じことをしても

楽しみ⇔苦しみ

喜び⇔悲しみ

など、人それぞれ違う

この価値観の違いも受け入れて

生きていくことが大切

だからこそ物事の捉え方が大切

このようなことをおっしゃっていました。

私が研修で話すような内容が

仏教の原点にあることに驚きました。

やはり2500年前から考えても

よりよく生きていくための

原理原則は変わらない

ということですね。

とにかくお坊さん素晴しかったです(^^)

本日もやりきります!!


最近の投稿
カテゴリー別
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic