ケアマネジメントの本質

おはようございます!

札幌の社労士オフィスONE

沢田です(^^)

昨日は

株式会社ファミリーケアサポート様

主催の研修会へ参加してきました。

テーマは

自立支援型ケアプランを考える

講師は株式会社楓の風

代表の小室貴之さんでした。

<写真>小室代表です。

私がきになった内容を

かいつまみまして書き出します。

高齢期に喪失するものは主に3つ

①身体的な喪失

 ~身体機能の低下

②社会的な喪失

 ~社会との関わりがなくなる

③精神的な喪失

 ~やりたかったことができない

  周囲への負担に対する負い目

見てしまいがちなのは目の前に

見える身体的な喪失

ただ、身体的な喪失の背景にある

社会的な喪失と精神的な喪失にかんする

アセスメントをする必要がある

従って自立支援も

身体的自立支援アプローチ

社会的自立支援アプローチ

この両視点でアプローチする必要がある

どちらか一方だけになると

利用者に対する真の意味での

自立支援にはならない。

この様なところです。

これは我々の業界にもいえることで

経営者からくる悩みについて

本質的に考えると

実はもっと違うところにポイントが

あったりします。

常に複数の切り口でみていく必要が

あるというのはどの業界も変わりませんね。

とても学びになる話しでした!!

有難うございます(^^)

本日もやりきります!!


最近の投稿
カテゴリー別
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic