前進し続ける会社です。

アイスホッケーのゴールキーパー

自分自身を認められるようになる

―入社までの経緯を教えてください

飲食店や介護職での勤務経験から、労働環境や法律を学びたいと思い、社会保険労務士を目指しました。

実務を行いながら勉強したいと考え、ハローワークで転職活動をしていたところで、WORKidに出会いました。

―入社を決意した「決め手」は何でしたか?

自分が働いている姿をイメージできたことが一番の決め手ですね。

 

最初はハローワークの求人で、異彩を放っていたのが印象的でした。

こんなに会社の特徴をくだいて書いている会社があるんだ、って!

そこで親しみやすい会社・環境なんだと想像できましたし、採用のホームページもすごく見やすくて、

面接まで毎日じっくり見ていた程です。

 

面接でも代表の人柄がひしひしと伝わってきましたし、『こんな業務などがありますが、どれが尾山さんに合ってると思いますか?』と聞いてくださったときに、自分に合った業務を考えてくださるんだな、と大変嬉しく思いました。

―現場に入って戸惑ったことや失敗したこと、大変だったことはありますか?

一番大変だった(今もですが…)ことは、「教科書の知識を応用して実務に活かす」ということです。

今までは試験的な知識を詰め込むだけで、それを使うということがありませんでした。

いざ実務でアウトプットしようとしてもなかなか上手くいかず、最初はすごくもどかしく感じたことを覚えています。

 

現在、二週に一回アウトプットの場をいただいて、得た知識を活かす練習をしています。

自分がやりたいことを実現してもらえる環境にも、最初は“いい意味”で戸惑いました。

―どんなスタッフが多いですか?

向上心が強い方が多いと思います。

『毎月2件以上の業務改善を行う』という評価項目があるのですが、そこからわかる通り、現状に満足しない、環境や自分のスキルをより良くしていこう、というマインドが全員に沁みついているんだなと感じます。

―顧問先様と接する上で意識していることは何ですか?

『わかりやすく、簡潔に内容をお伝えする』ことです。(永遠の課題ですが…)

わからないから聞いているのに、難しくて長い文章だと、読む気をなくしますし、心も離れてしまうかもしれません。

相手の立場で考えたときに、読みやすいか・わかってもらえるかを考えるようにしています。

 

最初は伝えたいことを文章化することに、とても苦戦しました。

文章を作るたびに周りの先輩方に聞いて、伝わるかどうか添削していただいていました。

一回一回、すべてに対してです。迷惑な話ですよね(笑)

 

皆さん嫌な顔一つせず、根気強く対応して下さり、現在は基本的に一人でお伝えできています。

送った文章に対しても、改善点があればアドバイスをいただけるので、自分の文章がどんどん変わっていくのを実感できて嬉しいです。


―仕事で嬉しかったことは何ですか?

人並ですが、『ありがとう』と言っていただけたときですね。

あとは、先輩方に褒めていただけたときです。

 

私は、労災や助成金の対応を主に行っているのですが、両方とも顧問先様や従業員様の状況がよくわかる仕事だと感じています。

その中で、お声がけ一つとっても、自分にどんなことができるか考えて行動したときに、感謝の言葉をいただくと、やってよかったなと嬉しく思うんです。

―働き始めて、私生活にも変化がありましたか?

ありました!

一番は発する言葉が変わったと思います。

家族には「疲れた~」とか「無理~」って言わなくなったね!と驚かれました(笑)

思えば飲食店で働いていた時は、「疲れた、眠い」とよく口に出していたなーと…。

 

今はマイナスのことを発しないような習慣がついてきて、「疲れた」→『充実した』など、私生活でも自然と変換して話せています。

―休日はどんな風に過ごしていますか?

休日はもっぱら愛犬・愛猫と戯れています。

家に動物がたくさんいるので、一緒に昼寝をしたり、トリミングをしたり、散歩に行ったりしています。

みんなのことをやっていて一日があっという間に過ぎている、なんてこともしばしばです。

―目標や将来の夢はありますか?

将来の夢は『健康で穏やかなおじいちゃんになる』ことです。

介護事業所で勤務していた時に、理想のお年寄り像に出会うことができたので、それに向かって邁進していきます。

そしていつか、そこに居るだけで周りが笑顔になれる存在になりたいです。

―あなたにとって今の会社は、どんな会社ですか?

『自分自身を認められる会社』だと思います。

代表をはじめ、周りの先輩方も、どんな成長でも喜んでくれますし、

手放しで認めて、全員が周りの良い所に目を向けている素敵な環境です。

実際、自分の自己肯定感も上がってきていると感じます。

―新しく入ってくる人にアドバイスをするとしたら?

ここまで見て下さったという事は、『興味がある』という事ですよね?

 

少しでも『興味がある』なら大丈夫です!!

 

実際私も、求人票・ホームページを見て『なんか気になる!』と感じて応募しました。

興味があって行動すれば、スキルや知識は自然とついてきます!

 

何か一歩踏み出したい方、少しでもWORKidに興味がある方、ご応募お待ちしています!!