時間の考え方

みなさんこんばんは 札幌で介護事業特化の社会保険労務士をしている 沢田です GWが明けましたが、仕事の流れは取り戻せていますか? 私はGW中もちょいちょい仕事をしていたので サラリーマン時代にあった「休みボケ」というものがなかったです。 介護事業所のみなさまも、祝日だから休み という方はほぼいらっしゃらないと思いますので、 休みボケになる方はそれほどいないのではないでしょうか。 さてさて、休みボケというわけではありませんが 「時間」というキーワードについて 経営者は365日24時間 会社のことが頭から離れないという方が非常に多いです。 特に社員を多く抱えている事業所の方々は、人件費に悩まされ続けるのではないでしょうか? そう言った中で、切り替えといってもなかなかうまくいきません。 私もそれで仕方ないと考えていたのですが 最近考え方が変わってきました。 ”周りのために自分の時間をつくる” 最近フッとこんな感覚に陥りました。 時間がないのは自分で、人のせいにもしていないからいいじゃないか。 こんな考え方の私でしたが、まあ変わりました。 周りというのは 「家族」  やはり家族あっての仕事です。  自分に一番近い人(家族)を幸せにできないで  社員は幸せにできないですね。 「社員」  社員との時間を作るのも経営者の仕事かなと。  コミュニケーション量を増やし、認めることで  自然と社員のモチベーションも上がると実感しています。 ”「話しかけるな」オーラは間違っても出したくありません” 以前(サラリーマン時代)はかなり出していましたから(笑 「お客様」  経営状況は日々変わるものですから、できる限りお客様と  直接関わって情報と心を交流させたいです。  自分のビジネスの拡大で考えると逆行しているのかも  しれませんが、この方が自分的にはしっくりくるので  いいんです パッと思いつくままですがこのような感じです 明日は「忙しい」ということについて書いてみます さてさて充電も出来たのでまた突っ走ります 明日は介護ではないですがセミナーしてきます


最近の投稿
カテゴリー別
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic