リファラル採用

こんばんは!

WORKidの沢田です(^^)

6月ほぼ上げていない分

WORKidではドンドン上げていきます!!

今回はリファラル採用を紹介します。

簡単に言うと

関係者からの紹介による採用活動を

効果的に行うノウハウ

と捉えていただければ良いかと思います。

通常の紹介ですと

「自社で働きたい人がいたら紹介して!」

「仕事探している人がいたら連れてきて!」

など、簡単な誘い込みで行っている

会社が大半です。

これだと問題が起きる可能性が高いですね。

私も上記のような紹介をして、

簡単に入れたは良いが

思ったほど仕事ができなくて

結局辞めてもらいたい人になってしまい

揉めて大きな痛手を被った

会社を結構な数観ています(^_^;

これは単純にお互いのミスマッチが

引き起こす現象です。

リファラル採用はこの点を解消するノウハウです。

つまり

自社のスタッフに

「うちの会社に欲しい人」

「欲しくない人」

「自社の良い所」

「自社の出来ていないところ」

をあぶりだしてもらい

それを採用パンフとして

紹介してもらいたい人達に広報していくのです。

例えばある会社では

「欲しくない人」に

メタボを上げていました

理由はメタボでは

自己管理能力が疑わしいのではないか?

自分に甘いのでは無いか?

ということらしいです。

こんな言葉は、自社ホームページでは

仮に思っていても上げられません。

ただ、この考えが正しいかどうかは別として

リファラル採用の特徴は

会社としてこうだと決めた人は入れない

求職者からみると、こういう考えの会社に入りたい

と考えた人だけ入ってくる仕組みです。

これだとお互いにストレスフリーなので

そう簡単に辞めませんよね。

実際先ほどの会社では

リファラル採用で2名採用し

半年以上経った今でも

成長し活躍し続けているそうです。

色々な考え方があるので参考にしてみると

良いかと思います。

本日もやりきります!


最近の投稿
カテゴリー別
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic